マインド強化

自信をつける心理学【いつまでも自信がつかない理由を解説します】

 

この記事は分で読めます

 

 

「行動しろ」

 

 

この言葉、ぶっちゃけもう聞き飽きてませんか?

 

 

「自信のつけ方」っていうと、だいたい「行動しろ」ってなるけどさ、

なんでかって、これしか方法がないからなのよね。

 

だからもうこればっかり。

 

んじゃ行動すればいいじゃんって話になるけどさ、

そんな簡単に行動できたらそもそも悩まんよね。

 

自信がない人はさ、自信がないことに悩んでるんじゃなくて行動できないことに悩んでるのよ。

「自信があったら行動できるのに」って。

 

だから「行動しろ」って言われても「自信がない」ってところで止まってしまう。

 

なので今回は、もう一つ深掘りして「どうやったら行動できるのか」っていうところでまとめてみました。

 

んで先に答えを言っちゃうんだけど、

行動するために必要なのは、自信ではなくて「勇気」です。

 

 

自信をつける正しい方程式

 

行動するために必要なのは、自信ではなくて「勇気」

 

行動するのに自信を求めちゃダメ。

なぜなら自信があるものをいくらやっても自信はつかないから。

 

自信があるってことは、すでにモノにしてるってこと。

 

「1+1」を解く自信はあるかもしれないけど何回解いても自信は増えない。

自転車に乗る自信はあるかもしれないけど、すでに乗れる自転車に何回乗ったところでそこに成長はない。

 

自信をベースに行動しようとすると、ひたすらできることを繰り返すことになるので成長がとまる。

つまりその行為自体が自信をなくしていってしまうのだ。

 

だからそもそも行動に自信を求めるのが間違い。

 

じゃあなにが必要なのかっていうと、勇気。

自信ではなく勇気で動くのだ。

 

 

「1+1」を解く自信があるなら次は連立方程式を覚えてみる。

自転車に乗る自信があるなら次は一輪車に乗ってみる。

 

自信をつけるには自信のないことをやるしかない。

そのときに必要になるのが「勇気」なのだ。

 

 

勇気はいきなり使えない

 

とは言っても勇気っていきなり使えるようにはならないのよね。

 

ほとんどの人は勇気が必要な場面を前にすると足がすくんで動けなくなってしまう。

そして自信のあることに戻ってしまうのよ。

 

実は勇気って筋肉みたいなもので、普段から使ってないとしぼんでいっちゃう。

使い慣れてないものって急に使おうとしても使えないのよね。

 

だから勇気は普段から鍛えておく必要がある。

 

鍛え方は簡単よ。

筋トレと同じ。

 

小さい勇気からちょっとずつ使っていくのだ。

するとだんだん慣れていって大きな勇気を使えるようになっていく。

 

たとえば・・

・近所の人に挨拶してみる

・会社でスピーチに挑戦してみる

・なにかのリーダーをやってみる

 

なかなか行動できない人は、損失回避のマイナスエネルギーに負けちゃってることが多いのよね。

 

「失敗したらどうしよう」

「変な風に思われたらどうしよう」

 

こういった感情は体にブレーキをかけてしまう。

このブレーキに唯一勝てるエネルギーが「勇気」。

 

だから行動できない人がまずやるべきことは、ブレーキよりも強く勇気というアクセルを踏む訓練をすること。

つまり小さい挑戦をしていくこと。

 

いきなり大きな挑戦じゃなくて、小さな挑戦から少しずつ体を慣らしていくのだ。

するとだんだん勇気が使うことに慣れていき、徐々に大きな挑戦ができるようになり、それが自信になっていく。  

 

 

まとめ

 

勇気っていうと月並みな表現かもしれないけど、これほど大事なことってあんまりない。

というのも勇気の裏には必ず後悔があるのよ。

 

勇気を出せなかったばっかりに後悔の人生を送る人はたくさんいる。

そしてそういう人はやっぱり自信なさそうにしてる人が多いような気がするのよね。

 

なので普段から勇気を使うようにしよう。

人は安心なほうに流れていく本能があるので、勇気は意識して使っていかないといけない。

 

怖いと思ったらそこがチャンス!

そこで今までブレーキを踏んでいたとしたら、思いきってアクセルを踏んでみよう。

 

「成長」「自信」「充実感」などのポジティブな感情はその先にしかない。

 

ということで今回は以上!

またね。

 

 

-マインド強化

© 2021 クラプのブログ