マインド強化

あなたが習慣化できない理由【継続と習慣の違いを知らないと挫折します】

 

この記事は分で読めます

 

 

習慣化に意思も根性も必要なし。

 

習慣化に必要なのは、

モチベーションを刺激するためのテクニックただ1つである。

 

 

こんにちは。心理学の元講師クラプです。

 

なかなか習慣化できない人は、意思の力が弱いとか根性がないとかで自分を否定しちゃう人がいるんだけど、そういうことじゃないので落ち込む必要は全くなしよ。

習慣化に必要なのはモチベーションを刺激するテクニックただ1つであり、能力はまるで関係がない。

 

正しい方法を知らないってだけなのよね。

 

ということで今からその方法を解説していくんだけども、その前に1つだけはっきりさせておくべきことがある。

それがこれ。

 

 

「継続と習慣の違いとは?」

 

 

継続と習慣の違いとは?

 

この2つは明確に違うんだけど、これがよくわかってないと間違ったやり方で習慣化しようとして失敗しちゃったりする。

 

継続と習慣の違いとは?

・継続とは意識的にやるもの  (モチベーションが必要)

・習慣とは無意識的にやるもの (モチベーションは不要)

・継続 ➡︎ 習慣化 (継続しているとどこかのタイミングで習慣に変わる)

 

習慣化するにはまず意識的に継続していく過程が必要で、ここをすっとばしていきなり習慣にするとかは無理なのね。

 

んでよく「習慣にモチベーションは不要」なんて言うんだけど、これは正解。

習慣になっちゃえば無意識的にできるので確かにモチベーションは不要になる。

 

でも習慣化されるまでの継続の段階ではモチベーションって必要なのよね。

 

これがごっちゃになってると、「習慣化するのにモチベーションはいらないんだ」なんて勘違いしちゃうことがあるんだけどこれは間違い。

モチベーションが0になっちゃうと人は意識的には動けない。

 

たとえば「今から空気椅子3秒やって」って言われてもたぶんできないと思う。

人はどんなに簡単なことでもモチベーションが0だと絶対に動けないのだ。

 

継続は意識的に動くのでモチベーションが必要

習慣は無意識的に動くのでモチベーションは不要

 

この継続と習慣の違いをまずはしっかり理解しておく。

これがすごく大事。

 

んで多くの人が悩むのは「継続の段階」なのよね。

習慣化されちゃえばもう悩むことはないからね。

 

で話を戻すんだけど、「継続の段階でいかにモチベーションを持続させることができるか」

これが全て。

 

モチベーションの正体は感情なので、意思とか根性では持続できない。

 

たとえばすごく悲しいことが起こっても時間が経てばその感情はだんだん弱くなっていくよね。

どんなに意思とか根性があっても感情はほっとけば風化していく。

 

つまりモチベーションも感情だから、なにもしなければ少しずつなくなっていっちゃうの。

人間はそういうふうにできてるので、これはもうどうしようもない。

 

継続できてる人は、なにかしらの方法で感情を刺激できてるってだけなのよね。

おそらく今までの経験から学んで、うまく感情に刺激をいれてるんだと思う。

 

これが意図的にできるようになれば継続は再現性のあるものになるのだ。

 

 

簡単に継続できる3つのテクニック

 

ではここから、感情を刺激してモチベーションを持続するための3つの方法を紹介していくね。

 

 

1、やる理由を感情レベルで視える化する

 

やる理由を「感情レベルで」視える化する。

書き出して見える場所に貼っておこう。

 

書き出すときは感情を表現しよう

⭕️ デブが原因でいじられるのはもううんざり!

⭕️ ◯◯大落ちたらどんな気分?

⭕️ ブログを続けて得られるものはなに?やめたらなにを失う?

 

継続が止まってしまう一番の理由は、それを始めたときの感情が薄れてしまうこと。

 

たとえばだれかに「太ってるね」って言われたのが悔しくてダイエットを始めたなら、その悔しさを忘れた瞬間に継続は止まってしまう。

だからその気持ちを絶対に忘れないように「やるぞ!」と思ったときの感情を見える場所に貼っておいて、モチベーションの火が消えないようにするといいのだ。

 

ちなみによくあるのがこんな表現。

 

感情表現になってないので挫折しやすい

❌ 間食禁止

❌ 毎日5時間勉強する

❌ 毎日スクワット50回、腕立て50回、ベンチプレス30回

 

これだと感情が刺激されないのであまり効果がない。

思い出すことはできても「やるぞ!」という気持ちには繋がりにくいのだ。

 

感情を刺激する表現にしよう。

 

 

2、やることを宣言する

 

「私はこれをやります!」とSNSで宣言しちゃう。

これは一貫性の心理ってやつを利用したものなんだけど、人は自分の口から出た言葉を実行しようとする無意識の心理があるのよね。

 

一貫性の心理

自分の発言と行動に一貫性を求めようとする心理

 

なので一度口に出してしまえば、それ自体がモチベーションを刺激してくれて行動に導いてくれる。

 

ちなみに「なんでSNSなの?」っていうと、特に深い理由はなくてただ気軽だからってだけ。

直接だれかに宣言しても全然OKだけど、自分の口から出たものをだれかが知ってくれればいいだけなのでSNSが気軽じゃないかなと。

 

ぼくも毎日こんな感じでTwitterで宣言してます。

 

 

 

部屋で独り言のように宣言したり、だれの目にもつかないような場所に書いたりだとあまり効果がないので、なるべく人目につくように宣言しよう。

フォロワーが少なくてだれも見てなさそうでも、「見られてるかも」という状況なら一貫性の心理はバッチリ発動するので大丈夫。

 

 

3、ハードルを下げる

 

いくらモチベーションが高くても、ハードルが高いと挫折しやすくなっちゃうのよね。

たとえば「ブログ毎日UPだ!」なんて息込んで始めたら、たった1日UPできない日があっただけで「あーもうだめだ」ってやる気がなくなっちゃったり。

 

 

一番やる気がある最初の頃ってついついハードルを高く設定しがちなんだけど、やる気って感情だからどうしても波があるのよね。

 

だからそこまでガチガチにハードルを固定しちゃわないこと。

 

たとえばブログなら「記事を毎日UP!」。

でも「下書きを週に4回くらい更新できればとりあえずはOK」。

 

こんな感じでハードルをしなやかにしておく。

そうすると感情の波にあわせてハードルを動かせるので、それにつまずいて挫折することがなくなる。

 

習慣化のコツって意外にも、ちょっとずつだらだら続けることなのよね。

 

ちなみに、週4回以上やると習慣化されやすいことが分かっているので、これを基準にするといいかも。

 

 

【まとめ】人間の行動の半分は習慣によって行われている

 

習慣化のメカニズムが分かると、自分でコントロールして再現できるようになるのでマジで人生変わるのよね。

歯磨きのレベルでいろんなことができるようになっちゃうからね。

 

実は人間の行動の半分は習慣によって行われてるらしいよ。

そう考えると「人生は習慣によって決まる」と言っても過言じゃないよね。

 

それと習慣化されるまでの期間なんだけど、実は挑戦するものによってかなり変わってくる。

たとえば歯磨きを習慣化するのと筋トレを習慣化するのでは、習慣化されるまでの期間も労力も全然違うよね。

 

ぼくは筋トレをかれこれ3年以上は続けてるけど、習慣化されてるかって言ったらちょっと怪しい。

ほぼ毎日やってるけど、息をするようにトレーニングを始められるかと言ったらまだまだできないのよね。

 

油断するとすぐにやめてしまいそうなので、筋トレ動画とか見て感情に刺激を入れたりしてる。

だからなかなか習慣化されなくても、そういうものなんだと思って続けていくことが大事よ。

 

だらだらでもなんでもいいからとにかく継続することが大事。

 

やる気がなくなっても1回でもいいからやっとく。

筋トレなら腕立て1回でもいいからやっとく。

 

そうするとサンクコストがたまって、逆にやめるほうがしんどくなっていくから。

 

サンクコストって?

今まで投資したコストのこと。

コストをかけるほど失ったときのダメージが大きくなるため、手放せなくなっていく。

 

サンクコストっていうとあまりピンとこないかもだけど、たとえば1時間かけてつくったデータが飛んだら真っ青になるとおもう。

人はそこまでに投資した時間や労力に執着する性質があるのだ。

 

長く続けるほどこのサンクコストがたまっていくのでやめられなくなっていく。

「ここまで続けたのにもったいない」っていう気持ちが強くなっていくからね。

 

ダメになりそうなときはだらだら続ける。

サンクコストのパワーも味方につけちゃおう!

 

ということで、いろんなものを習慣化してどんどん人生を変えていっちゃいましょう!

 

今回は以上!

またね。

 

 

-マインド強化

© 2021 クラプのブログ