奥手の人のためのモテ会話術 男の恋愛心理学

女性に嫌われるやりがちなコミュニケーション3選

 

この記事は分で読めます

 

「男と女は別の生き物だ」

 

テンガロンハットをかぶった小太りの変なおじさんは話を続けた。

 

「モテる男というのはな、男と女の違いを理解した上で、女が求めることを満たしてあげられるヤツなんだ」

 

「な、なるほど!」

 

この人はぼくに恋愛の極意を教えてくれた師匠である。

今だから分かるけど、この言葉はモテの根幹なのよね。

 

モテる男は女性のことをしっかり知っているし、知ろうとする。

だから自然と女性がよろこぶコミュニケーションができてしまう。

 

昔のぼくは自分の感覚だけで話してたのでぜんぜんモテなかった。

今回はそんなぼくの経験と心理学の知識を踏まえて、「女性に嫌われるコミュニケーション」を3つ紹介していこうと思うよ。

 

もちろんその改善策も解説に入ってるから安心してね。

 

 

女性に嫌われるやりがちなコミュニケーション3選

 

男と女はまるで宇宙人のように違うのよね。

なので自分の感覚でしゃべってると、女性が求めるものからズレまくってしまう。

 

今回はその代表的なものを3つ紹介していくよ。

 

 

1、すぐに解決しようとする男はモテない

実は女性が世間話をしているときに解決を求めてることってほとんどないのよね。

だからすぐに解決しようとする男はモテない。

 

 

【解決したがる男の返し】

 

ねぇねぇ聞いてよー
昨日○○ちゃんがこんなことやっててさー
ひどくない!?
本人に言ってみたら?
・・・

 

 

これ、ぼくが笑えないほどやってたやつ・・

いまだに油断してるとやってしまう。

 

世間話のときに女性が求めているものは99.9%の確率で共感。

解決じゃないのよね。

 

男女のすれ違い

・男性は解決したがる

・女性は共感してほしい

 

 

モテる男はこう返す。

 

【モテる男の共感術】

 

ねぇねぇ聞いてよー
昨日○○ちゃんがこんなことやっててさー
ひどくない!?
そんなことがあったんだ!?
それは大変だったなー
でしょ〜?
それでさ〜

 

 

ほとんどの女性は「共感して欲しい!」という潜在的なニーズを持っている。

このニーズに答えられる男がとにかくモテまくるのよ。

 

女性が解決を求めるときは、明確に「解決してほしい」って口にしたときと、仕事のときだけね。

 

「女性の世間話は解決せずに共感する」

 

これがモテる男の鉄則。

 

 

2、褒めない男はモテない

モテる男は褒め上手。

 

褒めない男はモテないし、こんな対立構図になりがち。

 

 

 

男は褒めるのがとにかく苦手。

なので褒めることができる男は希少価値が高い。

 

ということで褒めようって話なんだけど、褒めはなかなか奥が深い。

世間では「男と女で褒め方を変えろ」なんてよく言われるけど、たしかに刺さるポイントは男女で違うのよね。

 

なので今回はそのポイントを紹介しようと思うよ。

これを実践できている男性はかなり少ない。

 

ぶっ刺さる褒めのポイント

男性は行動を褒められると嬉しい

女性は存在を褒められると嬉しい

 

たとえば洋服を褒められる場合、男なら「その服センスいいじゃん!」と言われると嬉しい。

「その服をチョイスしたお前の行動がすばらしい!」というメッセージとして伝わるので、男にはぶっ刺さるのだ。

 

しかし相手が女性だと変わってくる。

 

「その服すごく似合ってるね。かわいいよ。」

 

これである。

 

なにが違うの?っていうと、この褒め方は「そんな素敵な洋服を着こなすあなたの存在はさらに素敵だよ」というふうに伝わるのだ。

服をきっかけにその人の存在を褒めているのよね。

 

だからぶっ刺さる。

 

 

3、退屈そうに話を聞く男はモテない

実は男が女性の話に耳を傾けていられるのは6分が限界だと言われている。

しかし女性はご存知、話をするのが大好きなのである。

 

6分どころか永遠に終わらないんじゃないかと思うことすらある。

だからいつの世も男は女性の話を退屈そうに聞いてしまうのだ。

 

しかしこれだともちろんモテない。

モテる男はこの壁も進撃の巨人のごとく乗り越えていく。

 

モテる男の話の聞き方

・笑顔で聞く

・体を相手に向ける

・共感ポイントで相槌を入れる

 

もしも退屈そうな反応が出てしまいそうなら、トイレに立ったりなにか用事を思い出したりして、自然な形で一度話を打ち切ってしまおう。

仕切り直しをすればいい。

 

ちなみに女性が話好きなのは、とにかく情報共有が好きだから。

女性は太古の昔から横の繋がりを作って情報を共有することで生き抜いてきたという進化の過程があり、これが本能に刻み込まれているのよね。

 

でも男は違う。

 

情報なんか共有してたら目の前の獲物に逃げられてしまう。

だから男は結論だけ出してGO!なのである。

 

女性は今日の出来事を「お前は喋る夕刊か!」くらいの勢いで話してくるけど、男はどうしても「結論はよ!」となるのでそれが退屈すぎてしまうのだ。

 

男と女は求めるものが違う

・男は結論だけほしい

・女は全てを共有したい

 

これが分かっているだけでもだいぶ女性の気持ちに寄り添えるよ。

 

>>女性の話を楽に聞く方法

 

 

男も女も宇宙人

 

「男は火星から、女は金星からやってきた」

 

これは世界一の恋愛専門家ジョン・グレイ氏の言葉。

 

男と女は使ってる言葉こそ同じだけど、その中身はお互いを宇宙人かと思うくらい違うのよね。

だからこそお互いを理解しようと歩み寄ることが大事。

 

まずは会話の仕方。

会話がなければ恋愛ははじまりすらしない。

 

これだけでも女性に合わせられれば、かなりのモテる部類に入れるよ。

 

ということで今回は以上!

またね。

 

 

-奥手の人のためのモテ会話術, 男の恋愛心理学
-,

© 2021 クラプのブログ