奥手の人のためのモテ会話術 男の恋愛心理学

話すのが苦手でも女子にモテる3つの恋愛会話術【具体例あり】

 

この記事は分で読めます

 

こんにちは。コミュ障から心理学の講師になったクラプです。

 

今回は、話すのが苦手でも簡単にできるモテ会話術を解説していくよ。

 

ご存知の通り、女子は話をするのが好き。

もうとにかく大好きなのである。

 

だからこそ話のうまい男がモテたりするんだけど、「話がうまい=たくさん話す」っていうのはちょっと違うのよね。

むしろ自分の話ばかりする男を女子は敬遠したりする。

 

女子が思う「話がしやすい男」というのは、単にたくさん話す人ではないのだ。

 

女子から見た話しやすい男の特徴

1、安心感がある

2、情報を共有させてくれる

3、共感してくれる

 

どっちかといえば「話す力」よりも「聴く力」。

これが大事。

 

だから「会話に自信ないんだよな」「おれコミュ力低いんだよな」なんて思ってる方でも心配無用!

むしろそういう人のほうが聴くスキルが高いことが多いのよね。

 

ぼくもかなりのコミュ障だったけど、この3つを意識したら

 

 

クラプさんってすごく話しやす〜い

 

 

なんて言われるようになって、そりゃ〜もうめちゃくちゃ嬉しかった!

しかもこれ言われるときっていつも「え?俺なんも話してないぞ!?」っていう不思議な感じになるのよね。

 

と、、ここでごちゃごちゃ言ってても始まらないので、話すのが苦手でも実践できるモテ会話術、さっそく解説していくね。

 

 

1、「自己開示」で安心感を与えるべし

 

女子が男子と会話するときに最も重視しているもの。

それは安心感。

 

女子は男よりも警戒心が強く、安心感を感じられない男には近づきもしない。

「たのしいっ!」とか「うれしいっ!」っていう感情も、それこそ恋愛感情も、安心感がある程度満たされてないと湧いてこなかったりする。

 

だからまずは安心感を感じてもらうことがとても大事なのだ。

 

んじゃそのためになにをすればいいのかっていうと、自己開示。

自己開示は安心感を与えることができるんだけど、話すのが苦手な人は自己開示も苦手な傾向があるのよね。

 

人はいろいろなことが分かってたほうが安心するし、不明点が多いほど不安を感じるようにできている。

 

たとえば自己開示をあまりしない人は、中が見えないお店のようなものなのよね。

中が見えないと「えっ?ここなんのお店?」「入っても大丈夫?」って不安になってしまうのでなんとなく足が向きづらい。

 

 

 

一方で、看板やメニューが出ていて、外からでも中がよく見えるお店だったら安心感があるので抵抗なく入れる。

 

 

 

こんな感じで自分のことをなるべく知ってもらって安心してもらうのだ。

変に秘密主義にならない。

 

自己開示の例

・年齢

・価値観

・休日の過ごし方、ハマってるもの

・失敗談

・好きなこと、好きなもの

 

とは言ってもなんでもかんでも知ってもらおうとする必要はぜんぜんなくて、自分のことを話すことを怖がらないでねっていう程度の話。

なるべくオープンでいようぜってことね。

 

んで自己開示っていうとなんとなくむずかしく聞こえちゃうんだけど、実は簡単。

 

「自己開示しなきゃ」なんて思うと自分の話ばっかりになって逆効果なので、あなたから相手に質問するだけでOK。

すると相手からも同じ質問が返ってくるので自然に自己開示ができる。

 

 

なんの仕事してるの?

看護師やってますよ。

へ〜看護師やってるんだ

クラプさんは?

俺は学校の先生をやってるんだ

 

 

これを続けていれば、どんどんお互いのことが知れて安心感が増していく。

なにも知らない人よりは、やっぱりいろいろ知ってる人と話したいよね。

 

 

2、共有したい願望を満たす「受け止める男になれ!」

 

基本的に女子は「情報を共有したい願望」を持っている。

たとえば今日あったこととか、友達の話とか、男からしたらどーでもいいような話をたくさんしてくる。

 

男はこの話を聞くのがすんごく苦手なんだけど、これを受け止めてあげること。

これが大事。

 

男はとにかく結論がほしい生き物なので、情報共有みたいな結論のない話は聞いてるのがめんどくさくなっちゃう。

だからつい結論を求めたり、自分がたくさん話しちゃったりするんだけど、それをやってしまうとモテないのよね。

 

 

【モテない男の会話例】

 

昨日○○ちゃんと六本木でご飯食べたの。

うん。

 

それで?

でさ~そこの料理がすごい辛くてさ~

うん。。

で、〇〇ちゃんがさ

ん?結局どういう話?

え?

 

 

女子の話にこんな反応をしてしまうと女子は話しづらくなってしまう。

「共有したい!」っていうニーズが満たされないから、「この人と一緒にいてもつまんないな」ってことになっちゃうのよ。

 

これは超もったいない。

  

モテる男はどうするかというと、女子が共有してくる情報を受け止めてあげる。 

しかもただ聞いてるだけではなく、話を深掘りしてどんどん情報を引き出してたくさん共有させてあげる。

 

すると女子は「この人話しやすいな〜」「モテそうだな〜」って感じるのだ。

 

 

【モテる男の会話例】

 

昨日○○ちゃんと六本木でご飯食べたの。

ヘ〜なに食べたの?

      (↑ 深掘りする)

おいしい中華料理屋さんがあってさ〜

○○ちゃんが行きたいって言うから〜

六本木においしい中華料理屋さんあるんだ?

有名なお店?

      (↑ 相手の言ったことを繰り返しつつ深掘りする)

有名なのかな~

○○ってお店なんだけどね

ヘ〜気になるな〜

ちょっとスマホで調べてみようかな

      (↑ 自ら共有されにいく)

お〜美味しそうなお店だね

どれ食べたの?

      (↑ 深掘りする)

あ!これこれ!

すごい辛いんだけど超おいしいの〜!

おーこれか~めちゃくちゃおいしそうだね。
〇〇ちゃんと2人で行ったの?

      (↑ 深掘りする)

そうそう!

それで今度〇〇ちゃんも連れていこうって話してて〜

 

 

これなら自分から話す必要がなくて、相手の話に乗っかってるだけでいい。

合気道のように相手の力を利用するのだ。

 

実際この会話は女子の満足度がかなり高い。

「共有したい女子」と「共有させようとする男子」の構図を作れているので、女子はどんどん話しやすくなっていくのだ。

 

女子が共有したい素振りを見せたときは敏感に察知して、聞き上手になってあげる。

こういう男がモテる。

 

ちなみに女子の共有願望は会話だけじゃなくて、いろいろなところに現れる。

たとえば食事をシェアしあったりとか、写真を見せ合いっこしたりとか。

 

こういうときも男は女子の「共有したい願望」をよろこんで受け止めてあげられるとモテるよ。

 

 

3、気持ちを共感できる男がモテる!

 

気持ちを共感できる男がモテる。

 

共感が大事っていうのはよく聞くけど、実際できてる男子ってあんまりいないのよね。

男はどうしても物事を解決しようとしてしまうから、共感してほしいだけの女子の話に問題点を探してしまったりする。

 

 

【モテない男の会話例】

ねぇねぇ今日仕事で○○さんがこんなことしててさ〜

ひどくない!?

本人に言ってみたら?

・・・

 

 

これは男女のよくある会話パターンなんだけど、これはぼくも油断してるとついやってしまう・・

 

女子が世間話をするときに解決を求めてることはほとんどないと思っていい。

こういうときに求めてるのは共感なのよね。

 

 

【モテる男の会話例】

ねぇねぇ今日仕事で○○さんがこんなことしててさ〜

ひどくない!?

そんなことがあったんだ〜
それは大変だったな〜!

でしょ〜!

 

 

正しいかどうかをジャッジしたりする必要はなくて、彼女の気持ちにただ共感してあげればいいだけ。

 

悲しいときは悲しい気持ちを、楽しいときは楽しい気持ちを共感してあげる。

そうすると女子は、

 

「話を聞いてくれた」

「私の気持ちを分かってくれた」

 

と感じて、めちゃくちゃ幸せな気持ちになるよ。

これができる男子って多くないから、意識してやるだけでやたらモテるようになる。

 

 

【まとめ】聴く力は内向的なタイプのが高い

 

ここまで紹介したものは、どちらかといえば「話す力」より「聴く力」が大事になってくる。

これはマシンガントークが得意なタイプよりは、相手に意識を向ける力が強い内向的なタイプのほうが得意なのよね。

 

だから「たくさん話さなきゃ」なんて気負う必要は全くなくて、フォークダンスをするかのごとく相手に合わせて話をすればいい。

 

すると、

 

「この人と一緒にいるとなんか落ち着くなぁ」

「一緒にいると楽しいなぁ」

 

と思ってもらえるようになる。

 

ただし「相手に合わせる」ばっかりになるのも実はあまりよくない。

これをやってしまうと今度は男として意識されづらくなってしまうのだ。

 

なので女子をうまくリードしつつ、要所要所で合わせていこう。

バランスが大事。

 

>>女子をリードして男を意識させる方法

 

ということで今回は以上!

またね。

 

 

-奥手の人のためのモテ会話術, 男の恋愛心理学
-,

© 2021 クラプのブログ