いい人止まりを卒業するための恋愛心理学 奥手の人のためのモテ会話術 男の恋愛心理学

いい人止まりの男に共通する、ある特徴とは!?【男を意識させる3つの方法】

 

この記事は分で読めます

 

こんにちは。心理学の元講師クラプです。

 

友達以上になれない・・

男として意識してもらえない・・

 

こんなふうに思ったことはありませんか?

いわゆる「いい人止まり」ってやつ。

 

ぼくは過去、ずっとこれだった。

友達にはなれても男としては見てもらえない。

 

これつらいよね・・。

オレは男としての価値がないのか・・なんて。

 

でもそうじゃなかった。

 

実はこうなってしまうのには原因がある。

過去のぼくがそうだったように、この悩みを持つ人には共通したある特徴があるのだ。

 

それがこれ。

 

 

「相手に合わせすぎ」

 

 

これなのよ。

これをやってしまうとマジで恋愛対象として見てもらえない。

 

 

 

 

これをやると自然と女子がリードしていくような構図になる。

すると男女の立場が逆転するので、男として見られなくなってしまうのだ。

 

合わせすぎると男らしい要素が消える

頼れそう

男らしい

ついていきたい

 

女子は男に引っ張ってってほしいのよね。

主導権を握ってほしいの。

 

だからいい人止まりから抜け出そうと思ったらこれをやればいい。

 

 

主導権を握れ

 

 

今までの逆をやればいい。

 

女子は本能的に強い遺伝子を求めるので、自分よりも上に見える人じゃないと恋愛対象にならない。

いい人は逆に下に潜り込もうとするから恋愛対象として見てもらないのだ。

 

ということで!

今回は、いい人を卒業して強いオスとして認識されるための「主導権の握り方」を解説していくよ。

 

 

主導権を握る

 

女性はリードしてくれる男性に男らしさを感じる。

「俺についてこい!」なんてのはもう古いのかもだけど、ベースにはやっぱりこれが必要なのよね。

 

これを感じさせるには、主導権を握ればいい。

 

女子が男を感じる3つの主導権

・行動の主導権を握る

・会話の主導権を握る

・お金の主導権を握る

 

この3つができれば男を感じてもらえるよ。

 

 

行動の主導権を握る

行動面で主導権を握っていく。

 

 

どこに行くのか、まずは自分が提案するのだ。

これを徹底する。

 

女子に合わせるというのは一見「君の好きにしていいよ」という優しさに見えるけど実は違う。

これを言われて女子が思うことは「この人はどこに行きたいのかな」「私が決めたところで楽しんでもらえなかったらどうしよう」なのだ。

 

つまり全ての責任を女子に押し付ける形になるのでぜんぜん優しくないし男らしくも映らない。

それよりも「オレについてこい」くらいの勢いで決めてしまったほうが、はるかに男らしさを感じてもらえる。

 

否定されたらそこで意見を聞けばいいのだ。

大事なのは常に堂々とした態度でリードすること。

 

これをたとえばグループの中で続けていると、グループの中でも影響力が出てくる。

女子はそういった支配性のある男に惹かれる傾向が強い。

 

つまり、グループで見てもやっぱりものごとをリードしていくボスザル(アルファメイル)がモテるのだ。

 

 

はっきりいってベータメイルはモテない。

グループ行動のときでも、アルファに合わせてるベータはやっぱりいい人止まりになりがち。

 

なので、2人のときだけじゃなくて、いつでもものごとをリードできるようなアルファメイルになろう。

 

 

会話の主導権を握る

いい人止まりの人は会話も合わせすぎて受け身になっちゃう傾向がある。

聞き役にまわるのはありだけど、「お客様思考」はダメ。

 

会話も主導権を握っていこう。

 

しかしそうは言っても「自分からたくさん話をするのはキツイな」って人も多いと思う。

ぼくもそのタイプ。

 

そういう場合は、自分から話をしなくても相手の話をカウンターで返していけばいい。

 

【飲食店での会話例】

❌  受け身

「なに頼む?」

「う〜んどうしよう」

⭕️  カウンターで返す

「なに頼む?」

「おれはもう決まってるよ。○○ちゃんは?」

「う〜んどうしよっかなぁ」

 

【ショッピング中の会話例】

❌  受け身

「これ○○君に似合いそうじゃない?」

「そうかなぁ?」

「どう?似合う?」

⭕️  カウンターで返す

「これ○○君に似合いそうじゃない?」

「絶対似合わないわ」

「○○ちゃんのが似合いそうじゃんホラ」

「男物だし!w」

 

相手の話を受けてるだけじゃなく、合気道みたいに相手の力を使って返していく。

これだけで主導権を握れる。

 

奥手の人は「自分から話さなきゃ」って焦りがちなんだけど、実は受け身でも主導権は握れる。

大事なのはどっちから話すかじゃなくて、話題の扱い方だからね。

 

 

 

お金の主導権を握る

お金は男が出してあげる。

おごり割り勘問題はいろいろな意見があるけど、ぼくはおごる派なのよね。

 

なぜならオスがメスに食事をプレゼントする求愛給餌は動物の本能だから。

贈るオスも受け取るメスも、それが愛につながることを本能的に知ってるのよね。

 

事実「男にお金を出してほしい」と思ってる女子は多いし、それは「男として意識させて」という気持ちの現れだとぼくは思ってる。

割り勘にする行為は、女子からトキメキの機会を奪ってしまう行為よ。

 

ただしお金を出すときは「いいよいいよぼくが出すよ」みたいな弱々しい感じは絶対に出してはいけない。

「は?女が金だすとかなんのジョーク?」くらいに思っておく。

 

すると当然のようにトイレの帰りに会計を済ませてきたり、「先に外に出てて」くらいの言葉が自然と出てくるようになる。

ぼくは会計する姿を女子に見せないというこだわりがあって、このマインドを持つとスマートに会計を済ませることができるのでおすすめ。

 

ただしだれにでもおごったりはしないよ。

おごりたいと思った人にはおごる。

 

おごりたいと思えないような人だったらその先もないので割り勘でもOK。

 

 

【まとめ】男として上に立て!

 

女子は主導権を握ろうとしない男を男として見れない。

より強い遺伝子を求める本能がそうさせるのだ。

 

なので下に潜り込もうとしない。

上に立つ。

 

もちろん恋愛は上下関係じゃないから、マウントをとって無闇に論破したり人として見下すような態度は絶対にダメ。

あくまでも頼れる男として上に立つのだ。

 

相手に合わせない。

あなたに合わさせる。

 

主導権を握っていい人止まりを卒業しよう。

 

ということで、今回は以上!

またね。

 

 

-いい人止まりを卒業するための恋愛心理学, 奥手の人のためのモテ会話術, 男の恋愛心理学
-

© 2021 クラプのブログ