モテに必要な恋愛知識 男の恋愛心理学

男の3大コンプレックス「チビ・ハゲ・デブ」は気にしなくていい理由

 

この記事は分で読めます

 

こんにちは。心理学の元講師クラプです。

 

「チビ・ハゲ・デブ」っていうと男の3大コンプレックスよね。

「そんな言葉聞きたくもない!」って人も多いかもだけど、今回はあえてそこに切り込んでいくよ。

 

っていうのも実はこれ、「そんなに気にするほどのことじゃないな」って思ったから。

 

なんでかって言うと、この中で一番モテないとされるものが過去の実験によって明らかにされてるんだけど、

結論を言っちゃうと「デブ」なのよね。

 

デブはモテない。

 

でも太ってるなら痩せればいいだけ。

んで他の2つは思ったほど印象に影響を与えてない。

 

だったらこの3つってそんなに気にするほどのことでもないんじゃね?って。

 

ちなみにその実験とは、心理学者のノーマン・ハンキンスって人がやった実験なんだけど、いろいろなタイプの男性のプロフィールを作って好感度を調査をするって内容。

 

いろいろなタイプの男性

・身長 (高い人・低い人)

・毛量 (ふさふさの人・薄い人)

・体型 (痩せている人・太っている人)  など

 

この実験の結果、「身長」と「毛量」は印象の評価にほとんど影響がなかったらしいのよね。

 

んで唯一評価が別れたのが「体型」。

太っている人だけは評価が低かったみたい。

 

・「身長」と「毛量」は印象にほとんど影響がない

・太っていると低評価になる

 

 

太っている人は痩せよう

 

「人は見た目じゃない!中身だ!」なんて言ったりするけど、なんだかんだやっぱり見た目で判断する部分って大きいと思うのよね。

 

たとえば自分を手術してくれる外科医が太ってたらやっぱりちょっと不安になる。

「だいじょうぶかなこの人で・・」って。

 

体型維持は努力でできるから、太ってるとなんとなく「努力できない人」「自己管理ができない人」って印象を持っちゃうのよね。

 

でも低身長や薄毛からはそういう印象につながらない。

だからなんとも思わない。

 

太っている人を非難したいわけではなくて、太っているとどうしてもあらゆる面で不利に働いてしまうっていうのが現実だと思う。

 

太ってるとどうしても印象で損をしちゃう

これはとてももったいない。

 

なので太ってる人は痩せよう。

そして「低身長」と「薄毛」は印象悪くないから気にする必要なし。

 

 

コンプレックスがあっても堂々としてればモテる

 

そもそもの話だけど、実はどんなコンプレックスがあったとしても堂々としてればモテる。

 

一番モテないのは、それを気にしすぎて変な感じになっちゃうやつ。

たとえば薄毛を気にしすぎて変な髪型にしちゃったり、コンプレックスを気にしすぎてだれもそこに触れられない雰囲気を出しちゃってたり。

 

わかりやすく比較するなら、以下の2人が並んでたら圧倒的に1のほうがモテるのよね。

 

モテるのは圧倒的に1

1、堂々としてるハゲ

2、おどおどしてるイケメン

 

俳優の高橋克実さんは、売れる前は髪のボリュームを維持してたらしいけど、寝かせてた髪を切ったら売れたらしい。

ノンスタイルの井上さんは身長163cmだけど、狙った女性の8割〜9割を落としてきたらしい。

 

他にもモテてそうな有名人ってたくさんいるよね。

 

モテてそうな有名人

・バイきんぐ小峠英二(ハゲている)

・西川貴教(161cm)

・ケンドーコバヤシ(ぽっちゃり)

 

共通点はみんな堂々としてるってこと。

コンプレックスは大なり小なり誰にでもあるもので、そんなことより女子は堂々としてる男が好きってことなのよね。

 

 

【まとめ】

 

「コンプレックスなんて気にするな!」っていうのはさすがに無理があるかもだけど、「コンプレックスを受け入れて堂々とする」なら割とできるんじゃないかしら。

周りの人も堂々としてくれてたほうが気を使わなくて付き合いやすいしね。

 

では最後にまとめて終わりたいと思います。

 

・「低身長」と「薄毛」は印象にほとんど影響しない

・太っていると低評価になるので痩せよう

・コンプレックスを受け入れて堂々と振る舞ってればモテる

 

ということで今回は以上!

またね。

 

 

-モテに必要な恋愛知識, 男の恋愛心理学

© 2021 クラプのブログ