出会い 女の恋愛心理学 最初に見てほしい記事たち 男の恋愛心理学

奥手がハマる非モテスパイラル【広がる恋愛格差】

 

この記事は分で読めます

 

あなたはモテるためにどんな行動をしていますか?

 

こんにちは。心理学の元講師クラプです。

 

奥手の人がかなりの高確率で陥っている罠がある。

ここに陥ってるとどんなイケメンでもモテない。

 

それがなにかというと、ずばり出会いに対する行動不足

 

モテない人はモテないんじゃなくて、単に出会いがないだけっていうパターンがすごく多いのよね。

それが経験不足に繋がり、経験が増えないから自信がなくなり、もっと非モテになっていく。

 

ぼくはこれを「奥手の非モテスパイラル」と呼んでいる。

 

かつてのぼくもどっぷりハマっていたこの悪循環。

今回はこの沼の抜け出しかたを具体的に解説していくよ。

 

 

分母が0じゃアイドルでもモテない

 

非モテスパイラルの沼から抜け出す方法はただ1つ。

「異性がいる場所に積極的に足を運ぶこと」

 

言うまでもなく、待ってるだけじゃなにも起こらないのよね。

テラスハウスのような出会いなんてないのよ。

 

奥手の人は特有の心理ブロックによって「異性と話さない」「そもそも異性がいるところにも行かない」っていう行動パターンになっちゃってることが多い。

つまり分母が0か、限りなく0に近い状態。

 

ドラクエでいえば、狩りをせずに町の人から情報収集ばっかりして「レベルが上がらない」「物語が進まない」って嘆いてるようなもの。

 

モテるためには、たくさんの異性と会って経験値を積まなければならないのだ。

するとその経験から、「もっとこうしたほうがよさそうだな」「これはイケる気がするぞ」っていうのが感覚でわかるようになっていく。

 

こういった経験を積みつつチャンスも増やしていく行動が、スキルなんかよりも100万倍大事な恋愛の基本なのよね。

 

ぼくらのような奥手がまずやるべきこと。

それは「スライム狩り」だ。

 

モテ期が来るのはタイミングとか巡り合わせとかそういったことじゃない。

出会いを増やしてるかどうか。分母を増やしてるかどうか。

 

じっとしてるだけだと、歳ばかりとってゲームオーバーになってしまう。

 

 

経験値を増やす具体的な方法【マッチングアプリを活用せよ】

 

具体的になにをすればいいの?っていうと、ぼくのおすすめはマッチングアプリを使って出会いを増やすこと。

その理由は4つある。

 

・出会いという共通の目的を持ってるので恋愛の経験値を積むのに効率がいい

・0から関係を作るので質の高い経験値を積める

・オンラインで仲良くなってから実際に会ったほうが満足度が高いというデータがある

・ダメならダメで二度と会うことがないからその後を気にする必要がない

 

特にオンラインでまずはやりとりするっていうのが、奥手にとってすばらしい環境。

 

ぼくら奥手勢は、いきなり対面すると気を使いすぎたり過度に緊張しちゃったりするじゃない?

でも最初にオンラインでやりとりしてると、会ったときのインパクトがだいぶマイルドになるのよね。

 

これがかなり大きい。

だから奥手な人はマッチングアプリが一番効率よく経験値を積める。

 

 

経験値を積むための大事な2つのマインド

 

マッチングアプリは「ダメなら次」って比較的ドライにいけるのもいいのよね。

ただ、そうは言っても失敗するとやっぱり凹む・・

 

そこで、奥手のぼくが失敗してもメンタルを強く保てた2つのマインドを伝えたいと思う。

それは「失敗を目標にすること」と「うまくできたところに目を向ける」こと。

 

 

1、10回失敗しろ

まず狩りの最中は、彼氏彼女をつくることを一番の目標にしてはいけない。

そうするとめちゃくちゃ肩に力が入って失敗しやすくなるし、失敗したときにすんごく凹むのよ。

 

それよりも経験値を積むことを第一の目標にする。

だからあえて失敗することを目標にしちゃう。

 

これはあるナンパセミナーで実際にあった話らしいんだけど、街に繰り出しても断られるのが怖くて話しかけられない受講生が多かったらしいのね。

そこでやり方を変えて、失敗することを目標にしたんだって。
(「目標:100回断られること」みたいに)

 

そしたらどんどん声をかけられるようになったっていう話がある。

 

こんな感じで失敗することを目標にしちゃうのだ。

すると成功しても失敗してもあなたの勝ちになる。

 

そもそも人は失敗からしか学べないのよね。

全て成功してたら、なにがよかったのかわからないから再現性が全くない。

 

つまりモテ男モテ女になるためには失敗が必要ってこと。

まずは10回失敗することを目標に歩きだしてみよう。

 

 

2、うまくできたところに目を向けろ

そうは言っても失敗にばかり目を向けてるとメンタルがもたない。

なので失敗を重ねつつも、うまくいったところにも意識を向けるようにしよう。

 

「あんなこと言ったら雰囲気よくなったな」

「あそこではちょっとだけリードできたな」

 

こういったところを自信として吸収し、次につなげるのだ。

常に前を向いて歩き続けるのがポイントよ。

 

 

【まとめ】未来を変える唯一の方法は行動を変えること

 

大事なことなので何回も言うけど、動かなければなにも始まらない。

今の行動を変化させていくことだけが、未来を変える唯一の方法なのだ。

 

ぼくは過去にいろんなことから逃げて自信が地に落ち、心が病んで引きこもった10年の空白がある。

行動しないことが人生で一番の後悔になることを身をもって体感してきた。

 

おそらくこのときの後悔は死ぬまで背負っていくことになると思う。

 

残酷なことに、なにもしなくても人は確実に歳をとっていくのよ。

だからこそぼくは強く言いたい。

 

 

ともかく動こう!

 

 

これはGACKTさんの言葉(正確にはGACKTさんのメンターの言葉)なんだけど、世の中の大半の人は「知・覚・考・動」という思考を持っている。

でもこれじゃ成功できない。

 

成功する人間の思考パターンはこう。

「知・覚・動・考」

 

 

つまり、

「知(とも)・覚(かく)・動(うご)・考(こう)」なのだ。

 

 

動きながら考えればいい。

失敗したって失うものはなにもない。

 

まずはなにも考えずに楽しむことを最優先にして経験値を積む冒険に出よう。

経験値と分母がダブルで増えていけば可能性は無限に広がっていくよ。

 

ペアーズ

 

ということで今回は以上!

またね。

 

 

-出会い, 女の恋愛心理学, 最初に見てほしい記事たち, 男の恋愛心理学

© 2021 クラプのブログ